緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

新しい職場が不安で馴染めない!慣れる為の解消法9つ!

2019/06/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、akisanです。

 

『よし、新しい職場で頑張るぞー!』

 

と、威勢よく、飛び込んだはいいものの、新しい人間関係にはうまく馴染めず、

仕事も思うように覚えられない・・・

 

『俺って、こんなに出来ないヤツだったのか・・・』

 

入りたての頃の勢いもどこかにいってしまった、そんなあなたへ、今回は書いていきます。

 

不安を感じる時って?

まず、人が不安になる時ってどんな時でしょう?

 

それは、

 

・どうなるか分からない時

・見えてない時

・分からない時

 

といった、あやふやな状態にさらされた時ではないでしょうか?

 

特に、新しい職場、新しい仕事に就いたときは、分からないことだらけ。

気持ちの割合も、最初は期待や、やる気が大半だったのが、今や不安やあせりの方が大多数をしめてしまった。

 

そして、

その不安がいくつも重なって整理がつかなくなった状態が現状ではないでしょうか?

こんな時、人は不安にさいなまれてしまいます。

 

不安をあぶりだす

では、まずは、何をしたらよいか?

それは、

 

いくつも重なってしまった不安の整理からしましょう。

整理がされていない時は、頭の中だけで色々考えてしまいがち。

そこで、不安に思うことを書き出し、まずは具体的に見えるようにしましょう。

 

これだけでも、自分は何に対して不安になっているかがはっきりし、気持ちにゆとりが生まれてきます。

 

そして、書きだしたものを見渡した時、

 

・自分の能力・スキルに対しての不安

・人間関係に対しての不安

 

大きくこの2つに分かれていくと思います。

 

そこで、この2つに対してのアプローチをかけていきましょう。

 

不安の解消方法9つ

スポンサーリンク

 

 

ここからは、具体的な解消法をご紹介していきたいと思います。

ただ、どれも一気にやろうと思わず、一つ一つ、やっていってみて下さい。

 

1.とにかくメモる

                                                        

とにかく、分からないこと、分かったこと、教えて頂いたこと、なんでも自分のノートにとにかく書き出してみましょう。

 

不安になってる時ほど、とにかく目に見える状態を作り出してください。

頭の中だけで留めておけば置くほど、不安は大きくなってきます。

 

この時、ノートは2冊用意し、

 

1つは、書き出し用として。

→ 順番、文字のきれいさ、など気にせず、自分が読めればOKなので、気が付いたことはどんどん書いていく用です。

 

1つは、まとめ用として。

→ 時間がある時や、後で落ち着いた時などに、清書用として。

 

こうしておけば、あとで見返した時に、分からないことを聞いたり、復習したりしやすくなりますし、頭の中が整理されて、余裕が出来てきますよ。

 

参考記事

仕事のメモの上手な取り方は?デキる人の活用術やコツとは?

 

2.自分から調べ、聞きに行く

 

1-1.とにかくメモる で、メモしたものに対し、自分から調べたり、調べても分からないことは、聞ける方に聞きましょう。

 

とても当たり前のことではありますが、不安で仕方がない時ほど、遠慮がちになり、聞くに聞けなかったり、知ったかぶりをしてしまいがちになります。

 

しかし、これは後になればなるほど、『このくらいのことが分かってないの?』っと言われてしまいます。

 

最初は分からなくて当然です。あまり自分を責めず、勇気をもって、聞いてしまいましょう。

案外、大したことではなかった。事のほうが多いと思いますよ。

 

3.自発的に取り組む

 

2.自分から調べ、聞きに行く と重なるところがあるかもしれません。

どうしても初めての時は、分からないことも多く、どちらかといえば受け身がちになるかもしれません。

でも、これだと、どうしても指示待ち状態になってしまい、言われたことしか仕事が出来ない人間になってしまいます。

 

出来るところからでかまいません。

是非、自発的に取り組んでいってみて下さい。

 

最初は分からなくても、自分から分からないところを潰していったり、取り組んでいくことで、徐々に自信がついていき、視野が広がっていくようになります。

 

4.プライドをすてる

 

『前の職場では、こうやっていた。』

『今まではこうやっていたから。』

『これぐらい、聞かないでもいい。』

『聞くのは恥だ。』

 

もし、上記のやり方でうまくいっているのであれば特にいうことはありません。

でも、うまくいってないのであれば、こういったプライドは一旦、横に置いておきましょう。

 

また、スタンドプレーは嫌がられます。

 

新しい職場での仕事の流れ、やり方があるはずです。

まずは受け入れましょう。

 

新しい職場に入る、っということは、新しい仕事、新しいやり方に出会う、っともいえます。

 

新しいものを身に着けるときは、エネルギーも時間もかかると思います。

なので、以前うまくいっていたやり方に頼りたくなる気持ちは分かります。

 

ですがそこは、

 

『自分の視野、選択肢が増えるな』

ぐらいにとらえて、トライしてみましょう。

 

5.小さな成功体験を積み重ねる

 

自信がなくなっている時、どうしても自分の出来ないところに目を奪われてしまいます。

こんな時大切なのが、小さな一歩を少しずつ歩くこと。

 

・分からなかった言葉の意味を一つ、分かる様にした。

・習った測定方法で、今日は部品を一つ、自分で測定することが出来た。

昨日は3個しか出来なかった作業が、今日は5個出来た。

 

など、出来ることを一つ一つ、積み重ねてみましょう。

以前の職場、仕事の時を思い出してみて下さい。

 

最初から、全てが出来た訳ではないはずです。

同じように、小さな”出来ること”を増やしていったはずです。

 

あの頃を思い出して下さい。

大丈夫です。あなたならきっと出来ます。

 

6.表情に気を付ける

                                                     

まずは、普段の表情に気を付けてみましょう。

なれない職場、緊張している時は、余裕がなくなりますよね。

 

そして、それは”表情”に現れます。

 

自分では気づきにくいと思いますが、目が泳ぎ、顔も能面のように固くなっていることが多いです。

 

これは、akisanも、体験しました。

やはり、新しい職場に移り、余裕がなくなっていた時の話です。

分からないことを聞こうと思い、声をかけさせてもらうのですが、皆さん、一瞬引かれた表情をされてました。

 

『なぜだろう?』と思い、トイレの鏡でふっと自分の顔を見たときに、

なんと、そこにあった自分の顔が能面のように固い表情になっていたんです!

 

『これは怖いな・・・』

『確かにそんな顔で声かけられたら、分かっていても驚いてしまうよな』

 

と、気づかされました。

いつも笑顔で、は難しいかもしれませんが、声をかけさせてもらうときは、一旦、深呼吸をし、表情に気を付けてみて下さい。

 

7.簡潔に、ハキハキと

 

相手に伝えるときは、

 

・結論から伝える。

・お腹から声を出す。

 

この2つに注意して伝えてみましょう。

 

伝えられることが何かがはっきりしてないものを長々と、

よく聞こえない声で、

聞かされるのは、聞いてる側にストレスを与えてしまいます。

 

是非、意識してみて下さい。

 

8.身だしなみに注意する

                                                          

これも余裕がない時ほど、おろそかになりがちになります。

 

これは女性の方だけでなく、男性から見ても、あまりに不潔感がある人は近寄りがたいです。

 

着飾れ!っとはいいませんが、

シンプルさ、清潔感は大切にしましょう。

 

9.休む時は、休む。

 

あまり悩みすぎてしまうのも、自分をさらに追い込んでしまうことにつながります。

こんな時は、しっかりと休んで、リフレッシュしましょう。

 

疲れたままでいると、充分なパフォーマンスも発揮できなくなります。

体も心も切り替えて、余裕がある状態を取り戻しましょう。

 

参考記事

仕事の疲れが抜けない時!取り方と回復方法7選!

 

まとめ

 

うまく覚えられない、周りのレベルについていけない。自分は出来ないんだ。

気が付くと、途方にくれているあなたへ。

 

出来ないところを見つけられる、ということは

それ以上に、出来てるところも見つけられます。

 

昨日よりも今日、今日よりも明日。

一つ一つ、分かること、見えることを増やしていけばいいだけです。

 

最初は特に大変ですよね。

でも、あるレベルまでもっていけたら、そこからはスムーズに出来るようになっていくはずです。

 

立ち止まってしまうときもあっていいです。

くれぐれも無理をして、自分を壊さないようにして下さいね。

 

今回も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です