緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

緊張して何も出来なくなる人と、そうでない人の違い

2019/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

こんにちは、akisanです。

 

人前で話す。

それも、何人もの人がいる前で。

 

例えば、会社では毎朝、朝会があり、毎日社員が交代で所感を述べることになっている。

そして、明日はついにあなたの番だ。

 

うぉーこぇー。

怖いですよね。

 

考えただけで、逃げ出したくなります。

 

akisanも、

当日、風邪でも引いて、休みにならないかなぁ。。。

 

こんな事ばかり考えてしまいます。

 

でも、いつかは、自分の番がくる。

 

どんなに逃げても、いつか、回り回って、来るものはきます。

 

いつかは、向き合わなくては、いけない時がきます。

 

では、どうしたらいいんでしょう?

 

怖いのは、自分だけでない事を知る

 

今回の会社の朝会でのような時、あなたならどう思いますか?

 

akisanだったら、

他の人は、あんなに滑らかに話している。

しかも、みんなから、笑いまで引っ張り出している。

 

あんなにうまくなんか、話せない!

頭も真っ白になって、緊張でガチガチになって、冷たい視線にさらされる!

と、思います。

 

そこで、その人、仮にAさんとします。に、聞いてみました。

akisan

「Aさんは、楽しそうに話してるように見えたけど、人前で話すの、怖くない?」

Aさん

「うん、話すのは怖いよ。」

「毎回、憂うつだし、やっとやっと話してる」

と、答えが返ってきました。

 

自分だけ怖がっている訳じゃないんだ…

 

中には、本当に大した事がない人もいるみたいだけど他にも、イヤだし、怖いものだと言うことがわかって、少しホッとします。

 

普段からの準備の大切さ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

ただし、ここからakisanとAさんの差がありました。

 

Aさんは、怖いから、2、3日前からネタを探して、いくつかピックアップするそうです。

 

そして、そのピックアップしたものに対し、

1.軽く説明出来るようにし、

2.自分は、どう思い、考えているか。

を、メモして、当日に備えていました。

何も無い状態にしている事が、何よりも怖い。だから、分からない事を、分かるようにしておく。

 

また、いくつか用意してあるので、一つ忘れても、次がある。

 

準備して、とちったのであれば、それはそれだ!と良い意味で開き直りも出来ます。

 

対して、akisanはというと、

怖いから、何も考えず、そこから目を背けて当日を迎えます。

 

差は、歴然です。

 

何もしてないakisanは、怖さMAXの状態。緊張してガチガチ。なに話して良いかも分からないし、準備してないから、頭も真っ白。

 

さんざんな状態です。

 

何も分からない状態は、何も見えてない状態。

 

余計に緊張を拡大させます。

 

怖いからこそ、普段から前もって分かりにいく。準備しておく。

 

怖いと思っている事に自分から歩み寄ってみる。

 

また、分かる事、出来る事が増えてくると、視野が広がってくるので、怖さが和らぎます。

 

不思議なもので、怖い事から逃げてると、どんどん怖さがでかくなり、反対に自分から歩み寄っていくと、少しづつ小さくなってきます。

 

普段から、色々なことに準備しておくことが、緊張を和らげてくれる一つになります。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です