緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

緊張しやすい人は、夜型が多い?朝の散歩を取り入れてみよう。

2019/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、akisanです。

 

今日もこのブログを読んで頂いていて、ありがとうございます。

 

ところであなたは、どんな時に、読んでいますか?

 

朝の通勤の電車の中や、車の中。

お昼の休憩時間。

仕事が終わって、晩酌しながら。

家事の合間に。

寝る前に見る。

 

色々なタイミングで読まれていると思います。

 

そして、この中で、

“寝る前に見る”

これを良くやってられませんか?

 

akisanも良く、この寝る前にスマホを見ることをやってました。

 

で、気がつくと深夜を回っている。なんて事もしょっちゅうで、身体は完全に夜型。

朝は起きるのがつらく、頭も働かない。

只でさえ人前で緊張しやすく、話す事に頭が回りにくい状態に、さらなる追い打ちをかけていました。

気持ちもネガティブな状態。

 

人前で緊張する人は、夜の方が静かで落ち着きやすい。なので、夜、寝る前にスマホを読んだりすることが多いのではないかと思います。

 

また、その気持ちも良く分かります。

 

ですが、この状態は、

寝不足。

→頭が回らない。疲れが取れない。

→人前での緊張にさらに追い打ちをかける。

といったマイナスのスパイラルになってしまいます。

 

では、どうしたらいいか?

 

それは、夜型体質を

朝型体質に変える。

です。

 

少しでも、緊張と上手く付き合うには夜型よりも、

朝型人間に持って行くのが良いです。

 

人の身体は、朝起きて、日中に活動し、夜に寝て回復させる。という仕組みになっています。

 

特に、夜10時〜深夜2時までの時間は、その回復の為のゴールデンタイムとも言われたりします。

つまり、この時間までに、いかに眠れるように出来るか、が大切になってきます。

 

そこで、まずは寝る前のスマホやパソコンを見る時間を減らし、その分、寝る時間に当ててください。

特にこのスマホやパソコンの画面の光は、脳を興奮させて、寝つきを悪くします。

出来るだけ、寝る1時間前には、見るのを控えましょう。

 

そして、朝、外に出て見て下さい。

朝なので、家のそばであれば、まだ人通りも少なく、出やすいと思います。

 

ここでのポイントは、朝日を浴びる事。

 

朝日を浴びる事で、体内時計がリセットされ、朝型に切り替わりやすくなります。

 

また、ネガティブな気持ちも消えやすくなります。

 

そうしてなれてきたら、散歩も是非、取り入れて下さい。

 

なによりも気持ちいいですよ。

 

まずは無理なく、5分でいいのでやって見て、慣れてきたら、時間や、距離を増やして見て下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です