緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

あなたは、成長の手前まできてます。

2019/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは、akisanです。

 

今、緊張しやすい事に対し、

ツライ、怖い、など、マイナスの思いが多いかと思います。

 

一旦こういう感じにとらわれてしまうと、なかなか抜け出せません。

 

そして、その緊張する事から、とことん避けるようになる。

 

でも、本当は、その緊張することが、人一倍出来るようになりたくて仕方がなくないですか?

 

緊張するほど、気にする訳ですもんね。

 

そして、避ければ避けるほど、四六時中、気になって仕方がない。

 

酷くなってくると、日常の生活も手につかなくなってきませんか?

 

実は、あなたが望んでいるものかも

 

これほど気になって仕方がない事、実は、あなたを一段階レベルアップさせるものかもしれません。

 

緊張するということは、裏を返せば、

その事が、とても上手く出来る事を強すぎるほど望んでいる事、ともいえませんか?

 

今、出来ないからこそ、デキル自分を強く思う。

これ、スゴく向上心があることともとらえれますよね。

 

では、どうしたらよいか?

 

 

その為には、今の自分自身をまるまる受け入れる、ということがまず必要になってきます。

 

今、できない自分。

上手くいかない自分。

カッコよくない自分。

モテない自分。

 

嫌ですよね、認めたくないですよね。

こんなの認めて、恥かきたくないですよね。

だからこそ、緊張する。

 

でも、出来るようになるには、今の自分が、理想とどれだけ離れているか、を知ることから始めないとダメなんです。

 

スタートラインが分からないところから、スタートは切れません。

 

そして、そこから必要なことを、一つ一つ、積み重ねていく。

 

緊張しやすい人は、理想まで、一気に出来てないと、イヤなところがあります。

 

一つ一つ、コツコツ。

地味だし、本当にこれでいいのか?って思う。待ってられなくなる。

 

でも、今まで一気にやろうとして、なかなか上手くいかなかったから、悩んでませんか?

 

夏休みの宿題を、最後の2日で仕上げよう!と、思って休みを過ごし、実際に残りの時間ではとても、ドリルや自由研究なんて出来ない事に気付く。

 

新学期で、きちんと提出した人を見て、俺って出来ないヤツだ、と自己嫌悪になる。

 

 

出来ている人は、最後の1日とかで全て済ませたのではなく、休みが終わるまでに計画的に、コツコツとやっただけ。

 

ほとんどは、才能の問題では無いんです。

 

また、積み重ねることは、自分が毎日出来ていることを実感出来る、といったメリットもあります。

 

この小さな実感が、自分の自身を取り戻してくれます。

 

そして、その積み重ねの延長に、成長がまっています。

 

緊張するほど、思うチカラがあるんで、なんにも思わない人より、成長する機会があります。

 

少しづつ、進んでみませんか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です