緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

緊張してもいい、まっすぐな思いはつたわる。

2019/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは、akisanです。

 

 

あなたは、緊張して、なかなかうまく自分の気持ちを伝えられない。

 

うまく伝えられないから、話すのをあきらめてしまうこと、よくありませんか?

 

緊張する人は、ひとりぼっちでいることが多いかもしれません。

 

自分は、ひとりでいい。

緊張するし、人が気になって、仕方がなくなるし。話しもぎこちなくなるし。なんて思っていたり。

 

もともと、本当に一人が気楽で好き、という人もいるとは思うので、全てとはいえませんが、

 

本当は、人と仲良くしたい、楽しく話しをしたい、と思っているひとも多いんじゃないか、と思うのです。

 

その為には、もちろん、話し方や、イントネーションだとか、なんか色々あるとは思います。

 

でも、何より大切なのは、伝える気持ち、だと思うんです。

 

例え、どんなになめらかに、話しができたとしても、どこかの政治家みたいに、ただの原稿を棒読み、みたいな話しは、相手にまったく伝わりません。

 

それよりも、本当に誠意をもって話しをしてくれる人、

そんな人を反対に自分が相手にした時、

話し方のぎこちなさ、や、少しくらいの言葉足らずなんて、ほとんど気にならないと思いませんか?

 

それよりも、自分の思いや、気持ちを裏表なくまっすぐに丁寧に伝えてくれる人。

 

そんなひとに、ひとは聞く耳をもってくれると思います。

 

そして、緊張するひとは、普段から人の気持ちを思ったり、自分が、今まで人付き合いで色々傷ついたり、失敗した経験から、心がやさしいひとが多いです。

 

人の気持ちを思うこと。

傷ついたこと。

失敗した数々の経験。

 

これらを、とても恥ずかしく、イヤなものだと思っているかもしれません。

 

でも、忘れないでください。

 

このことを経験してきたからこそ、

そしてそれを乗り越えて今まで生きてきたことが、

 

相手を思う、あなたのやさしい気持ちを育んできた、とも言えると思います。

 

今までのことを恥じる必要は何もないと思います。

むしろ、緊張を経験してきたあなたにしかない、人生の宝物です。

 

普段から、あまり話せなくてもいい。

 

伝える時に、緊張してもいいから、そのやさしい気持ちをもって、話しをする。

 

その上で、言葉を選んだり、話し方が上手な人のマネをすると、良いと思います。

 

これこそが、緊張するひとだからこその、大切な個性だと感じます。

 

緊張してもいい、やさしいあなたの気持ちは、きっと伝わると思いますよ。

 

今日も一つ一つ、歩いて行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です