緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

完璧より、楽しむこと。

2019/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは、akisanです。

 

あなたは、普段、楽しんでやれていることは、ありますか?

 

akisanは、趣味で絵を描く時があります。

 

楽しんで、画用紙に描いてみたり、ノートに、描いてみたり。

 

で、よく書けた!っと思えたりする時もあれば、なんだかしっくりこない、っと、途中で描くのをやめたりする時もあったりします。

 

で、しばらく時間がたってから、あとで見返したりすると、あ、この部分は、今度の絵に使えるな、とか、もうちょっと付け足せば、もっとよくなるかも。っと、いったことがあったりします。

 

で、これは、緊張を楽しむ事にもつながるのでは?っと思い、記事をかいてみました。

 

完璧主義をやめよう

 

緊張するひとは、一つのことに完璧性をもちます。

 

最初っから、パーフェクトに出来ていないと、イヤってことですね。

 

完璧に出来るようになる、その思いそのものは、決して悪いものではないです。

 

少しでも良いもの、レベルの高いものを、求める思いは、あなたのレベルをより良いところへと高めるものになると思います。

 

気をつけるのは、最初っから、完璧を出せてないといけないと、思うことだと感じます。

 

この時点で、緊張から物事に入ってしまいます。緊張状態でやる事は、長続きがしません。

 

もちろん、人前で話すときとか、スポーツの大会など、ある程度の緊張があった方がいい時もあります。

 

でも、普段からこんな緊張状態で四六時中、身も心も持つわけがありません。

何より楽しくないです。

 

完璧よりも、楽しむことをしよう。

スポンサーリンク

 

 

あなたも、自分の好きな事をする時、楽しいから、やりませんか?

 

楽しいから、長続きするし、

上手くいった時は嬉しいし、

上手くいかなかった時も、次こそは!っと、失敗をも、楽しむことが出来てるんじゃないか、と思います。

 

そして、『楽しむ事』を、中心にやる時って、自主的になります。

 

自分でやってみたものは、その時は、仮に大した事がなかったり、失敗したかな?

っと、思う事があるかもしれません。

 

でも、のちに振り返ってみたとき、あっ、この事だったのかな?っと、思ったり、この経験、活かせるかも!っと思う事が、結構あったりします。

 

で、この事は、普段のことにも言えると思います。

でも、苦手な事って、楽しめない!っと思うかもしれません。

 

小さなステップで、やってみる。

 

そんな時ですが、苦手な事をトコトン細かく細分化してみることをオススメします。

そして、その小さいステップを一つやる。

 

例えば、毎日、朝に30分歩けるようにする!

と目標を立てた時、全く運動してない状態で、いきなりやろうとしても、からだも心も挫折しやすい。

 

そこで、まず必要なことは、朝、歩く時間に起きること。これもいきなりいつもより30分前に起きるにするんではなく、10分だけ、早く起きる。なれてきたら、20分、30分と伸ばしていく。

 

30分、早く起きれるようになったら、今度は、5分、外に出て見る。

なれたら、10分、15分、30分と少しづつふやしていく。

 

こうやって続けやすい単位まで、分けることが楽しんでやるコツです。

 

『完璧』よりも、『楽しむ』こと。

 

緊張しやすい私たちは、この『楽しむ』ぐらいで、物事に取り組むのがちょうど良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です