緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

睡眠不足が、あなたにもたらすもの。

2019/04/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、akisanです。

 

『昨日は深夜までおきてから、週末は、お昼まで寝ていよう。』

『最近、徹夜続きで寝不足が続いているなぁ。 ま、連休になったらゆっくりすればいいや。』

こんな感じで、まとめて休めればいい、と思ってませんか?

 

睡眠は、貯蓄できない。

 

私が小学校の頃に、テレビのバラエティ番組で、人は何日眠れないでいられるか?っというのを見たことがありました。

 

それは、確か外国の番組だったと思いますが、みんなが見てる前で不眠不休で起き続けて、ついに丸3日起きていることが出来ました。しかし、その後その方は亡くなったそうです。

 

これを見て、子供ながらに、寝ないでいるのは怖いなぁ、と思わされました。

 

これは少し極端な例だったかもしれません。

 

実は、睡眠は寝貯めすることが出来ません。

貯蓄することができないんです。

 

これ、どういう事かというと、夜更かしした分、体を削っていっている、つまり借金していっているっということになります。

 

じゃあ、週末や連休に寝た分は、どこにいったというと、直前の寝不足分を返済したに過ぎないんです。

 

寝不足が続けば続くほど、借金のみが増え、体に負担ばかりが蓄積されていくことになります。

こんな状況が続けば、体ばかりでなく、心にも影響が出るのは目に見えてます。

 

当然、緊張しやすい状態にもなりやすくなりますよね。

 

睡眠を『削る』から、何が何でも、『確保』へ。

スポンサーリンク

 

 

ひとことで睡眠、と言われていますが、あなたはどんな物だと思われますか?

 

『そんな事、考えたこともないよ!』

 

あまりに当たり前すぎて、こう思われてるかもしれません。

 

人生の半分の時間は、寝てる時間。

とも言われます。

これは、人間だけではありません。

睡眠は、地球に生きている生き物ほとんど全てが行う行為で、言うなれば、生きるための基礎基盤

になります。

 

でも、今はいかに睡眠時間を削って、何かをやろうとばかりな気がします。

特に日本人は、文字通り、『寝るまも惜しんで』やることが当たり前のような風潮があります。

 

生きるための基礎基盤を守る為にも、睡眠を『削る』から、何が何でも『確保』するのが健康へのまずは一歩だと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です