緊張を個性に。人生をエンジョイしよう。

ストレスを溜めない方法やコツは?上手に発散する8つの解消術!

2019/09/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、akisanです。

 

威圧感のある、怖い上司。

仕事ができるけど、口が悪く、生意気な部下。

次々と舞い込んでくるトラブル。

新しい仕事が覚えられずに、頭を抱えて悩んだり。

 

・・・仕事をしていると、本当にいろいろなストレスに見舞われますよね。

そして、そのストレスは溜まる一方で、解消されない。

そんな状態が続いていけば、疲れも取れないし、頭も働かない、仕事どころか、生きていくのでさえ難しくなっていきます。

 

今回は、

『ストレスは溜めないのが一番なのは分かっているけど、どうやったら、溜めずに済むのかなぁ?』

と、思っている人へ、ストレスとうまく付き合っていく方法をご紹介します。

 

◎ストレスは、なくならない。

人として生きていくには、常にストレスに見舞われる、といっても言い過ぎではないでしょう。

 

家族とだって、意見が合わずにケンカになったりするくらいです。

 

ストレスも溜まらず、環境も、人間関係も自分に合っている職場というのは、なかなか見つからないですよね。

 

ですので、ストレスそのものを無くそうとしても、無くならない。っと、考えた方が良さそうです。

 

『じゃあ、どうしたらいいんだ!』

 

・・・そう、思われてるかもしれません。

 

そこで、無くすのではなく、上手く付き合っていくことが必要になってきます。

 

それが、ストレスを結果的に溜めないことにもつながっていきます。

 

◎無くす、からうまく付き合っていくへ。

人間関係もそうですが、相手を変えようとすると、難しいです。

これは、ストレスそのものにも当てはまります。

 

常に発生するストレスに対し、

あれが無くなれば!

これが無くなれば!

と、いったところで、次々と舞い込んできて、気になって仕方がなくなり、ますます負のループに入っていくだけ。

 

ですので、私たちのストレスへの付き合い方を変えていきましょう。

 

次から、具体的な方法をご紹介していきます。

 

◎ストレスとうまく付き合っていく為のヒント8つ

スポンサーリンク

 

 

では、お伝えしていきます。

 

1.スケジュールに、自分の好きなことを入れる。

 

スケジュールに、あなたの趣味や、好きなことをする時間を入れましょう。

 

 

ついついあなたが本当にやりたいことが後回しになってませんか?

自分が本当にやりたいことは、空いた時にやればいい、っと思ってやっていると、いつもやりたくない事ばかりがスケジュールに入ることになります。

 

 

そこで、スケジュールに、自分のやりたいことも、あえて組み込んでみます。そして、やりたくない事と同じように、やりたい事のスケジュールも、守るようにします。

 

メリットとして、

 

・やりたい事がやれる。

・やりたい事の時間が確保される。

・実際にスケジュールにメモすることで、自分の時間が見えるようになり、やりたくない事だけでなく、やりたい事もする時間があるんだ、っという安心感が生まれる。

 

 

といったことがあります。

 

2.自分の落ち着く時間を作る。

 

自分の心を落ち着かせる、バランスを取る時間を作りましょう。

 

会議や、人前で話したり、緊張することをやろうとした時、心が乱れたままだと、余計な力が入って、その場の空気に飲まれたり、必要以上に緊張したりして、ストレスを悪化させることにつながります。

 

 

そこで、10分程早めに場所に行き、深呼吸をしてみて下さい。

これだけでも、体がほぐれ、心に余裕を作ることができます。

また、あえて業務前に休憩時間を作り、温かい飲み物を飲むのも効果があります。

 

 

とにかく、

ストレスに引っ張られないように、間に緩める瞬間を作る。

といった心持ちでいるのがポイントです。

 

 

3.優先順位をつけて、目の前ことに集中する。

 

優先順位をつけて、一つの事に集中するようにしましょう。

 

 

仕事を頼まれる時は一つだけとは限らず、いくつもの業務を頼まれることが多いと思います。

また、いろんなところからも次々と頼まれてしまうと、どれもやらないと、っと焦りますよね。

 

 

そして、

 

・いくつも頼まれることのストレス

・仕事の量が増えていくストレス

・同時に複数の事をすることのストレス

 

 

と、たくさんストレスが出てきます。

 

ここで、このストレス達に振り回されて、自分のペースを崩してしまうと、ストレスがたまります。

 

 

そこで、いくつもの業務を同時にやったり、言われたままに振り回されるのをやめてみましょう。

そして、スケジュールを立てて、一つ一つに優先順位をつけて、順番に行います。

こうやって、一つのことに集中して、業務に当たってみましょう。

 

メリットは、

 

 

・自分のペースを作れる。

・マルチタスクを行うことでの、集中力の分散、体力の消耗を抑えることが出来る。

 

が、あります。

 

4.一人で抱え込まない。

 

人に聞いちゃいましょう!

 

 

こんなこと、聞いていいのかな。

あとで、聞いた方がいいかな。

私なんか、聞いていいのかな。

と、悩んでいませんか?

 

・・・聞きましょう。

 

1時間悩んでたことが、1分で解決するかもしれません。

 

自分が思いもつかなかった解決策がみつかるかもしれません。

 

聞いたら迷惑かも、っと思っているかもしれませんが、聞かれた方は、そこまで気にしてませんし、その後も案外気にしません。

 

なにより悩んでいる時間、ストレスではないですか?

本当に、聞くは一時の恥。聞かぬは一生の後悔ですよ。

 

5.休憩時間は、必ずとる。

 

 

必ず、休憩は取りましょう。

どうしても、その時取れなかったとしても、その後に必ず取ってください。

 

 

 

なぜかというと、休憩時間を削ってまでやるのは、クセになってしまうからです。

クセになるということは、体を休める時間を削ることなので、当然、代わりに疲れが溜まります。

疲れは容易にストレスとなるので、結果的にストレスが溜まることになります。

 

 

休む時には休む。

休みもスケジュールにメモして、自分を守る為に、管理しましょう。

 

6.睡眠時間を削らない。

 

睡眠時間を削らないで。

 

 

睡眠中に、

疲労の回復

体力の回復

思考力の回復

を、行っています。

 

どんな休憩や、趣味よりも、あなたを休ませ、回復してくれるものは、この睡眠以上のものはありません。

寝る間も惜しんで、っと、ついつい、作業をしたり、スマホやパソコンを見てしまい、寝る時間が削られると、この回復が追いつかなくなってきます。

 

また、睡眠は、寝だめが出来ません。

反対に睡眠負荷として、借金のように寝不足が積み重なっていき、回復に時間がかかるようになってきます。

 

こうなると、健康も、パフォーマンスも落ちるのは目に見えてます。

 

 

理想の睡眠時間は7時間程と言われています。

夜は出来るだけその日のうちに寝る習慣をつけ、この時間を確保するようにしましょう。

 

7.軽い運動で、体を動かす。

 

軽い運動を取り入れましょう。

 

現在はIT化が進み、一昔前からみれば、体全体を動かさないといけないような重労働は減ってきています。

 

その代わりに、体の一部を酷使してしまうことが増えてきました

例えば、ずっと座ってパソコンで打ち込む作業は、体そのものは、汗水流して働くことはありませんが、目や腕などといった部分への負担が極端に多いですよね。

 

体全体を使った仕事は、体全体がまんべんなく適度に動かされている為、その疲れで眠りに入りやすい状態になります。

 

それに対して、一部だけが極端に疲れ、凝り固まった状態は、その疲れがちょっとやそっとでは、抜け切らない状態になっています。

そして、体全体としてそれ程疲れていない為、眠ろうにも寝付きにくい状態になります。

 

そこで、体全体を適度に動かし、ほぐしてあげることが大切になってきます。

 

一つは、よく使った部分をストレッチしてほぐしてあげること。

 

もう一つは、体全体を適度に動かしてあげること。オススメは、ウォーキングです。

 

体の疲れをしっかりととって、ストレスの溜まりにくい状態を維持するようにしましょう。

 

8.いらないものを片付ける。

 

いらないものを整理整頓してみましょう。

 

以外に思われるかもしれませんが、今の身の回りの状態が、今の頭の中、心の中を表しているといわれます。

 

ストレスがたまり、疲れている時は、自分の机を見てみてください。

 

 

まとめるはずの書類。

片付ける予定だった筆記具。

捨てるはずのゴミ。

などなど、溜まってきてませんか?

 

 

もし、あるようだったら、一旦今の作業の手を止めて、いらないものを整理整頓してみて下さい。

 

すると、

 

 

・身の回りがスッキリする。

・一旦、片づけをする時間が、自分を落ち着かせる時間になる。

・身の回りがスッキリしたことで、心がスッキリする。

・今までやらなかった片づけを出来たことでスッキリする。

 

 

と、いった好循環が生まれると思います。

いらないものを片付けることは、身の回りと、心と頭、両方に働きかけてくれるでしょう。

 

◎普段の心がけで、ストレスの溜まらない毎日を。

 

本当に、ストレスが多い世の中ですよね。

出来れば、そんなところに近づかないのが一番良いとは思います。

 

が、一旦外に出てしまうと、そんな訳にもいかなくなってきまよね。

 

普段から、ストレスが来てもうまく付き合っていくことで、自分にストレスを寄って来させないようにし、ストレスの溜まらない状態を作っていきましょう。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です